【校正中】白内障のひみつ「白内障手術の最先端の治療法と眼内レンズ」


概要

年齢を重ねてくれば体の不調を感じることと同様に、視力も落ちて見えにくくなるのは当たり前・・・そんなふうにあきらめていませんか?
ですが、その原因が「白内障」なのであれば現在の技術では短時間の手術で治療することができます。

白内障は目の中の水晶体が濁り、視力低下をきたす疾患ですが年齢を重ねていけば誰にでも起こる老化現象の一つです。
世界の失明原因のNo.1は白内障です。白内障は目薬では治すことができません。唯一の治療は手術になりますが近年では点眼による麻酔で一滴の出血もなく、短時間での手術で患者様の負担も少なく終えることができます。

長寿社会の進む日本において60歳以上の方の多くが白内障を抱えていると言っても過言ではありません。
不自由を感じながらも「年を取ったから仕方がない」と長い間、放置していらっしゃる方々がまだまだ沢山いらっしゃいます。
目の手術となれば不安を抱く方も多いと思います。その不安が少しでも取り除けるように白内障の症状、手術を受けるタイミング、最新の治療法、眼内レンズの選び方、手術に際して気をつけて頂きたいことについてわかりやすく解説します。

今回の講演が皆様のお年を重ねられてからの毎日を、より豊かなものにする一助となれば幸いです。
【講師・記】

日時

2019年10月8日(火) 受付/18:00・講演/18:30~19:30

会場

京橋エドグラン 3階 オフィスラウンジ(中央エスカレーター降りて左側)

参加料

★一般参加者: 3,300円(内訳3,000円+消費税300円)
★京橋エドグラン就業者: 2,640円(内訳2,400円+240円)
  • この講座は【京橋エドグラン就業者割引対象】となっております。該当する方は就業者割引金額をお振込みください。
    講座当日は就業者を証明するものをご持参願います。尚、ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

定員

30名

講師

赤星 隆幸 アカホシ タカユキ

 

1957年、神奈川県生まれ。自治医科大学卒業後、東京大学医学部附属病院、東京女子医科大学糖尿病センター、三井記念病院眼科部長を務め、現在は日本橋白内障クリニック手術部長。
白内障手術の新しい術式「フェイコ・プレチョップ法」を考案し、年間1万件以上の手術を執刀する、世界が認める白内障手術のエキスパート。その傍ら、世界各国の眼科学会に招聘され、講演や公開手術を通じて現地の次世代眼科医に積極的な指導を行っている。
2018年5月、世界で最も白内障手術に貢献した眼科医に対してその功績を讃えるケルマン賞を受賞。

【注意事項】

  • 参加費のお振込みは、講座・イベント開催8日前(休日の場合はそれ以前の平日)までにお振込みください。ご入金の確認ができない場合は、キャンセル扱いとさせていただく場合がございます。
  • お振込みが遅れる場合はその旨事務局までご連絡いただければ、別途対応いたします。
  • 講座・イベント開催7日前以降に参加申込された場合は、備考欄に振込予定日をご記入ください。
  • キャンセルについては次の通りキャンセルチャージを申し受けます。ご了承ください。
    講座・イベント開催7~2日前:参加費の50%
    講座・イベント開催前日以降:参加費の100%
  • 「個人情報の取扱いについて」こちらよりご確認ください。

お申込みはこちら